MENU

家の売却費用と手数料はいくら必要?

家 売却 費用

 

色々な諸費用や仲介業者に支払う手数料が必要です。

 

売却したお金で住宅ローンの返済を考えている人や、次の家の購入資金に充てる場合には特にこうした諸費用や手数料の額を把握しておかないと思わぬ形で損してしまうこともあるので事前にしっかりと押さえておきましょう^^

 

 

家の売却時に必要な手数料

仲介手数料

不動産会社に仲介してもらい買い手を見付けて売却するのが一般的です。
売却が成立した際には、成功報酬という形で手数料を支払います。

 

手数料の金額は家の売却金額によって法律で上限が定められているので、その金額以下であればいくらでも構わないことになります。
仲介手数料0円などの業者を良く見るようになりましたが、法律的には何の問題もありません^^

 

手数料の一覧

売買金額

仲介手数料(税別)

200万円以下

売買金額の5%以内

200万円超え400万円以下

売買金額の4%以内

400万円を超える金額

売買金額の3%以内

 

例えば3000万円の価格で売却できた場合は、200万円以下の部分に5%の手数料、200万円を超えて400万円以下の部分(200万円分)には4%、400万円を超える部分(この場合は残額の2600万円分)には3%の手数料がかかることになります。

 

仲介手数料を計算する際にはこうして売却価格を3段階に分けて計算します。
この場合であれば仲介手数料は合計で103万6千円になります。

 

少し面倒な計算なので、その場合は「売却金額?3%+6万円?消費税」という公式でも求めることができます^^

 

 

家の売却時に必要な諸費用

印紙税

売買契約書に記載されている金額によって、必要な印紙の額が変わります。
5000万円までであればおおよそ1万円程度の費用がかかります。

 

抵当権抹消登記費用

住宅ローンを組んでいる場合などで家に抵当権が設定されているときには抵当権を抹消する手続きをして売却する必要があります。
登記費用は1件あたり1000円ですが、司法書士などの専門家に依頼する場合には数万円の報酬が別途必要です。

 

譲渡所得税

家を売却して売却益が出ると課税される税金です。
家を取得するために掛かった費用や、売却時に支払った諸費用をもろもろ差し引いたあとの売却益に課税されます。

 

居住用の家を売却した場合であれば3000万円までは非課税です^^

 

その他

この他にも住宅ローンの残債がある場合にはその返済費用、住宅ローンを一括返済するために金融機関に支払う事務手数料などもあるので、家を売却するまえにどれくらいの費用がかかるのかについてはしっかりと把握しておきましょう。

 

 

家 売却 相場

相場より家を高く売却するには、コツがあります!

 

家は額も大きいだけに失敗してしまうと300万円〜500万円差が出てしまうこともあります。失敗しない為にも、正しい知識を学んで損のない取り引きをしましょう!
家の売却を考えている人は必見です^^

 

家 売却 相場