MENU

家を売却したらどんな税金がかかるの?

家 売却 税金

 

主に3種類の税金が掛かります。
ここではその3種類の税金を詳しくご紹介します。
知っておくと確定申告など税金対策もできるようになるので、ぜひ覚えておきましょう^^

 

売買契約書に貼る印紙税

家を売却した際には、売主と買主に対して売買契約書を作成します。
売買代金が記載されている売買契約書は、課税文書といって税金の掛かる書類に該当するので印紙を貼って納税しなければなりません。

 

例:3,000万円と記載されている契約書であれば1万円分の印紙を購入して納税

 

印紙税を節税する際の落とし穴

印紙税を節税する方法として、売主か買主のどちらか一方が契約書の原本、どちらか一方はコピーを保管するという方法があります。

 

確かにこの方法で片方の印紙税を節税することはできます。
しかし、コピーである契約書に「原本と相違ないことを証明する」などの文言が入っていたり、改めて当事者の署名捺印をしてしまうと税金が掛かってしまう点には注意が必要です^^;

 

また、不動産のように高額な取引では極まれに取引後に何らかのトラブルが起きることもありますので出来るだけ双方が原本を持っておくほうが良いですね。

 

抵当権抹消登記の登録免許税

住宅ローンなどを組んでいる場合は、金融機関から抵当権を設定されています。

 

抵当権がついている家は普通の方法では売却できないので、この抵当権を消すために抹消登記というものを行います。
そして、抹消登記には登録免許税という税金が掛かります。

 

費用は1件につき1,000円程度ですが、司法書士などに依頼すると1万円近くかかるので費用を抑えたい方は自分で調べながらやってみてもいいかもしれません。

 

家の譲渡所得税

家などの不動産を売却して利益が出ると課税される税金です。
譲渡取得は、不動産売却価格−(取得費+譲渡費用)という計算式で求めることができます。

 

 

その他、家売却するときに発生する諸経費

不動産売却価格

そのままの意味です。不動産を売却した際の価格が入ります。

 

取得費

家を購入した際に掛かった購入費用や、仲介手数料、売買契約書の印紙代、もろもろの登記費用や不動産を取得した際にかかる不動産取得税、今までに行ったリフォーム代金なども含まれます。

 

取得費が分からない場合には売却価格の5%として概算で出すこともできます。

 

譲渡費用

売却時に支払った仲介手数料や印紙代、名義を変える際に支払った費用です。

 

この計算で出た値にそのまま課税されるわけではなく、更に「特別控除」で差し引いた金額が課税対象になる金額です。

 

課税される金額=譲渡所得−特別控除

 

 

 

家 売却 相場

相場より家を高く売却するには、コツがあります!

 

家は額も大きいだけに失敗してしまうと300万円〜500万円差が出てしまうこともあります。失敗しない為にも、正しい知識を学んで損のない取り引きをしましょう!
家の売却を考えている人は必見です^^

 

家 売却 相場

 

 

 

 

《相互リンク》
教室・スクール・クラブ