MENU

家を売却したいのに売れないのはなぜ?

家 売却 売れない

 

売却する家自体の原因や売出価格の原因、売主の勘違いなど色々な要因が考えられます。

 

売れると思っていたものが売れないと予定が大幅に狂ってしまいますよね(+o+)
少なくとも勘違いで売却できない!なんてことだけにはならないように原因についてはしっかり把握しておきましょう。

 

売主の勘違いで家が売却できない?

 

価格さえ妥協すれば家は売れるもの、そう思っている人が多いですが中にはそうでない物件も存在します。

 

例えば住宅ローンが残っている家がこれにあたります。
売却したお金で住宅ローンを少し返して残りは少しずつ返済しよう、こんな風に考えている人がいますが、家を売却した場合の住宅ローン返済は一括返済が原則です。

 

つまり、家を売却したお金で住宅ローンが一括返済できない場合や自分の貯蓄などから一括返済できない場合には家を売ることができません^^;
住宅ローンが組まれている以上、その家はまだ完全に自分の家になったわけではないのです。

 

売却したお金では住宅ローンが返済できない、このような状況を「オーバーローン」といいます。

 

 

オーバーローンの状態で家を売却するには?

 

オーバーローンの状態で家を売却する方法はいくつかの方法があります。
・親族や家族に借りて支払う
・消費者金融などで不足分の現金を借り入れる
・任意売却による交渉を行って売却する

 

任意売却というのは抵当権を外してもらって売却する方法です。
住宅ローンを組んでいる家には金融機関から抵当権が設定されているので、住宅ローンを優先して返す代わりに抵当権を外してもらうように交渉するのです。

 

不動産会社の中には任意売却に強い業者もいますので、そういった業者を選んで仲介を依頼するといいですね^^

 

 

任意売却の注意点

 

任意売却はあくまでも最終手段です。
任意売却ができるのは住宅ローンを3ヶ月以上滞納している人だけです。

 

つまり、滞納しているということは=金融事故を起こしている(ブラックリストに載る)ことになります。これではたとえ完済できたとしても最低5年間はローンも組めませんし、クレジットカードも作れません。しつこいようですが、任意売却はあくまでも最後の手段です^^;

 

家の売却相場と住宅ローンの残債をしっかりと把握し、オーバーローンにならないように慎重に売却を進めましょう^^

 

 

家 売却 相場

相場より家を高く売却するには、コツがあります!

 

家は額も大きいだけに失敗してしまうと300万円〜500万円差が出てしまうこともあります。失敗しない為にも、正しい知識を学んで損のない取り引きをしましょう!
家の売却を考えている人は必見です^^

 

家 売却 相場